明石で頑張る太陽光・オール電化のプロショップ スタッフ奮闘記

  1. HOME
  2. 明石で頑張る太陽光・オール電化のプロショップ スタッフ奮闘記

明石で頑張る太陽光・オール電化のプロショップ スタッフ奮闘記

トイレリフォーム!!!

 

こんにちは、アラシマンです(^-^)

今日は、風が強く寒さも増し辛くてたまりません。

過ごしやすい気温の時期は、あっという間に過ぎてしまいますね(=_=)

 

今日の工事は、トイレのリフォームでした。

 

今回は、節水型のタンクレスの便器に入れ替えました。

床のクッションフロア、壁紙の張り替えも同時に行いました。

 

トイレのリフォームの際にクッションフロアや壁紙の張り替えを

ご希望される方が多いです。

 

林邸 (1).JPG

 

これが入れ替え前の写真です。

床、壁などを張り替える前です。

 

便器、手洗い、トイレットペーパーホルダーなど取り付けてある物は、

壁紙・床材の張り替えの前に取り外します。

 

 

 

 

林邸 (2).JPG

 

この様に釣り棚なども取り外します。

すべてが外し終わればクロス屋さんの出番になります。

 

タイアップしているクロス屋さんなので、

毎回安心してお任せしています。

 

 

 

 

林邸 (3).jpg

 

便器も外し、壁紙・床材を張り終わった時の写真です。

 

壁紙・床材の張り替えですと

朝にお伺いさせていただきますとお昼には終わります。

 

張り替えが終わるのと同時に、便器の取り付けになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

林邸 (5).jpg

 

床の排水の位置が変わるために、新しく穴を開けました。

 

床材の余りを頂き以前の穴を綺麗に塞ぐ為に

床下で少し作業をしている所になります。

 

今回のように排水の位置が変わるかどうかは、

実際にトイレを見させていただく必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

林邸 (4).jpg

 

 

便器を設置するための部材を取り付けている所になります。

 

この方は、水道屋さんで、

オール電化の工事や、水道回りのリフォームの際にお世話になっています。

 

この様な、リフォームに限らず、

お客様のお家をさわりますので、

万が一の事を考え、よく工事をご一緒させていただいている

水道屋さんや、クロス屋さんにお願いしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

林邸 (6).jpg

 

 

タンクレスの節水型の便器に交換しました。

交換前に比べタンクが無くなっているのでトイレが広く感じます。

 

トイレットペーパーホルダーも新しく手すりと一体になっている物を

取り付けさせていただきました。

 

見た目がすっきりしているだけじゃなく、

便器に凹凸が無い為、掃除が以前に比べ大分楽になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

林邸 (7).jpg

 

 

すっきりしたとお客様に

喜んでいただきました。

 

リフォームしてよかった・ヒシダ電気に頼んでよかったと

おっしゃっていただけるように日々頑張っています。

 

 

 

 

トイレやお風呂、キッチンなどのリフォームなどでご不明な点やご質問があれば、

コチラマデお願いいたします↓

http://www.hishida-web.jp/inquiry/#quickcheck

 

給湯機が故障した場合 当店のサポートは

いつもブログを見ていただきありがとうございます。

あらしまんです。

 

先週に助っ湯君を貸出させていただきましたお客様の所で

助っ湯君の撤去作業をしました。

 

ここのお宅では、急にお湯を作ることが出来なくなりメーカーの方にご依頼されたのですが

修理部品を手配するのに少し時間がかかるとの事で、

助っ湯君の出動になりました。

 

普段であれば、すぐに手配出来ていたのですが

やはり、地震や台風の影響で部品や商品の流通が格段に遅れていました。

 

急に寒くなってきましたので、何日もお風呂に入れないのは厳しいとの事で

助っ湯君の取り付けは、その日の内に完了しました。

 

『対応が早く、丁寧にしてくれた』

と奥様からお言葉を頂きました。

 

そう言っていただけると、とても励みになります。

 

今回のような、急なケースが多々ありますが

出来る限り早くお伺い出来る様心がけています。

http://www.hishida-web.jp/inquiry/

お家のお困り事は、お気軽にヒシダデンキまで(^_^)/

 

宇宙太陽光発電

こんにちは!

最近、補助金の手続きにおわれている^^; 脇口貴行です。

兵庫県の補助金が11月3日に受付完了となりましたが、

11日の記者発表で、追加の受付が始まったとありました^^

国の補助金、県の補助金、市の補助金とトリプルで受給できるチャンスですので、

太陽光発電をお考えの方は、お見逃しなく!!

 

さて、今朝、車を運転しているときに聞いたラジオにて「宇宙太陽光発電」の話がありました。

(ちなみに、聞いていたラジオは朝日放送の道場洋三さんの番組です)

そこで、『宇宙太陽光発電』の話が出てきました。

 

太陽光発電の欠点は、

1.発電量が安定していない(天候に左右される)

2.電気をためておくことができない

3.夜は発電しない

といったことがあります。

 

しかし、将来のエネルギー問題を考えると、太陽光発電を有効的に活用していく必要があるのは、

多くの方の共通のご意見だと思います。

そこで、上記に挙げた欠点を解消する方法として、『宇宙太陽光発電』というSF的な話が

本気で研究されていることを知り、ビックリしました(゜o゜)

 

簡単にどういったものかをご説明しますと

1.太陽光発電モジュールを積んだ人工衛星(発電衛星)を打ち上げます。

2.常にモジュールを太陽の方面に向け、ずっと発電を続けます。

3.発電した電気は、マイクロ波に変換され地上に送ります。

4.地上の受信局で送られてきたマイクロ波を電気エネルギーに変換します。

5.送電線に電気が流れ、各家庭、工場等で使用されます。

 

といったものです。

電気をマイクロ波に変換!?という時点で、そんなんできるの???

って思いました。いやぁ・・・人間ってすごいですね。

 

本当に、『宇宙太陽光発電』が実現するのは、いつのことなんでしょうね。

生きているうちに、見ることができるのかな・・・

 

 

そんな、未来の太陽光発電はご提案できませんが、

現在の太陽光発電システムについて、詳しい話を聞いてみたいと思われる方は、コチラへ

http://www.hishida-web.jp/inquiry/

お気軽にご相談くださいね♪

 

 

Panasonicのテレビ事業大幅縮小に思う

こんばんは、ヒシダデンキの脇口貴行です。

今回のブログは、普段とちょっと違った趣で書かせていただきます。

 

タイトルにもありますように、先日、パナソニックが通期の最終損益見通しを4200億円の赤字に下方修正しました。

その結果、プラズマテレビ事業を大幅に縮小する計画が発表されました。

 

子供のころから、電気屋さんの息子として育ってきたから思うのかもしれませんが、

この事実は、あまりにも衝撃的なことで、現在の日本経済の深刻さを反映しているような気がしてなりません。

 

当店は、現在は、パナソニックの『スーパープロショップ』ですが、

もともと先代の社長が三菱電機の関連会社出身であり、また社長も同じ三菱電機の関連会社出身のため、

「"アンチ"ナショナル」として、商売を続けていました。でも、この報道は、ショックです。

 

 

詳細を知りたい気持ちもあり、今週の週刊ダイヤモンドを購入しました

そこには、『家電淘汰 パナソニック、ソニーテレビ事業の終焉』とタイトルがあります。

http://diamond.jp/articles/-/14741

 

2010年度のパナソニックの薄型テレビの売り上げは、9228億円ですが、

過去3年間で、2000億円の赤字とのことです。

ソニーに至っては、テレビ事業が8期連続の赤字で、5600億円超の累積赤字だそうです。

地デジ移行で、テレビが非常に売れていたにも関わらずです・・・

テレビがこんなに売れていたのに、メーカーが巨額の赤字を抱えているというのは、

健全な状態なのでしょうか・・・。

 

さらに、地デジ移行以来、テレビの売れ行きは、ピタリと止まり、メーカーや量販店も在庫を掃きたいのか、

とんでもない安値になっています。

私も、販売する側の人間ではありますが、消費者の一人ではありますので、

価格が安く、良い商品が手に入るのであれば、良いことなのですが、

こんな値段で本当に良いのかな、と思うこともあります。

 

日本経済がデフレ状態に陥っているのは確実なことです。

価格が安いことを手放しで喜べないのは、デフレが背景にあるからでしょうね。

テレビ事業を大幅に縮小するパナソニックの尼崎工場では、大規模のリストラも行われるそうです。

 

尼崎工場は、プラズマテレビの生産から、太陽光発電モジュールの生産に切り替えることも検討されていましたが、

円高の影響もあり、太陽電池増産計画を中止にしました。

これにより、リストラが加速度的に進むことと思われます。

この話は、パナソニックを中心とする家電メーカーの話だけではないのだと思います。

 

 

今回、生産を縮小するプラズマテレビですが、

私は、個人的にはプラズマテレビは、本当に美しい映像を映し出す、良いテレビだと思います。

お客様のご要望で、液晶テレビを販売することも多かったですが、

個人的に、購入するならプラズマテレビでした。

とくに、パイオニア製のテレビは本当に綺麗な映像で衝撃を受けました。

そのパイオニアも既にテレビ事業は撤退し、技術者の多くはパナソニックに移籍し、

そして、今回の大幅縮小の影響を受けています。

 

本当に良いものが存続できない時代は、やっぱり寂しいですね。

 

 

 

 

【神戸市垂水区】 太陽光発電工事 3.68kW

今回は、当店の数十年来のお客様のお宅での太陽光発電工事です。

他社からも太陽光発電のご提案を受けていたそうですが、

長年のお取引から、当店を信用していただいてのご用命でした。

こうしたお話は本当に、ありがたいことです(^^)

 

設置面は、東西面でしたので、発電効率の高いHITでご提案させていただきました。

また、屋根の大きさからすると、もう少しモジュールを設置することは可能だったのですが、

電気の使用状況や、発電量、を考えて、また、昇圧機能付きの接続箱を使用しないシステムを考えた結果、

各面8枚の合計16枚(4直列4回路)のシステムをご提案させていただきました。

 

P1080173.JPG  P1080168.JPG

  金具の取付。防水対策も確実に           架台の取り付けが完了です

 

P1080177.JPG  P1080181.JPG

   ケーブルの準備をしています        ケーブルの取りまとめにも注意して設置

 

P1080183.JPG  P1080188.JPG

   全てのモジュールが設置完了          横からみたところです(^^)

 

P1080198.JPG  P1080203.JPG

    4回路の標準型接続箱           パワコンは非常時の電源を考えて

 

今回、パワーコンディショナはお客様のご要望により、非常時に電源がほしい、キッチンの近くへ設置しました。

分電盤から少し距離があるため、延長ケーブルを使用することになり、配線もやや手間がかかりましたが、

ご要望を反映できるように取付させていただきました。電気の配線は、隠ぺい工事です(^^)

ちょっとした手間ですが、工事をする側の都合で設置するのではなく、ご説明させていただき、

お客様にとって最も良い場所の設置をするのが、当店の工事に対する姿勢です。

もちろん、綺麗な工事にすることにも配慮しています。

 

明石市、神戸市で太陽光発電をお考えの方は、お気軽にご相談くださいね♪

http://www.hishida-web.jp/inquiry/

 

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

このページの先頭へ