明石で頑張る太陽光・オール電化のプロショップ スタッフ奮闘記

  1. HOME
  2. 明石で頑張る太陽光・オール電化のプロショップ スタッフ奮闘記

明石で頑張る太陽光・オール電化のプロショップ スタッフ奮闘記

排水の漏れ(~_~;)が無いように

こんばんわ<m(__)m>

毎度おなじみのアラシマンです!!

 

イベントまでとうとう一週間を切りました!!

本日は、社長とチラシを渡しに行きました。

 

雨でしたのでお客様とあまりお客様とお話はできなかったのですが、

たくさんの方にイベントに来ていただければ嬉しいです。

 

 

ところで、先日、マンションでの温水器工事がありました。

マンションでの工事では、絶対に気をつけなければいけないことがあります。

 

DSC_0007.jpg

 

左の写真は、マンションで温水器の置いてあった所の写真です。

これだけだと分かりにくいですが排水の配管が腐っていました。

このお客様は2階に住まれていまして

下の階のお部屋ね漏水していました。

原因は配管の老朽化でした。

 

 

 

 

 

 

マンションでの温水器入れ替え工事で一番気をつけないといけないのが、

この漏水をしないようにすることです。

配管の繋ぎであったり、溶接など普段の工事以上に時間をかけています。

 

温水器の点検でお伺いさせていただいた際もマンションなどの場合は、

温水器の下や配管の接続部の確認を一番しています。

マンションなどの場合、漏水した際の被害が大きくなるため気をつけています。

 

 戸建のお家でも、もちろん注意していますが、

マンションなどの集合住宅では、階下の方にもご迷惑をおかけするため、

慎重に確認をしていく必要があります。

ましてや、年数が経っているマンションだと尚更、要注意ですね。

 

これからも、キレイで確実な工事ができるように、

がんばっていきたいと思います!

 

ヒシダデンキへのご用命はコチラまで(^^)

http://www.hishida-web.jp/inquiry/

 

 

ちょっとまった!! エアコン動かす前には・・・

こんにちわ<m(__)m>

アラシマンです!!

 

夏だ!!と思うぐらい最近は暑くなりましたね(>_<)

汗が....

 

今年も暑くなるみたいでエアコンを使われると思いますが、真夏になってからでは遅いのです(・.・;)

 

いざ使うとなると動かなかったり、冷えなかったりします。

動かないのは機械的な問題になりますが、

冷えはエアコンの汚れが原因の可能性があります。

 

今回のブログではエアコンの洗浄についてを載せます。

 

P1060491.JPGまずは、エアコンのカバーを外します、

 

細かな部品もありますが、

ほとんどの部品がカビやほこりで汚れていました。

 

 

 

 

 

 

P1060492.JPG

 

前面のカバーです。

 

カビとほこりで色が少しくすんでいました。

設置されてから5年になりますが、洗浄は今回が初めてでした。

フィルターは何度かお手入れをされていたみたいですが、それだけでは........

 

 

 

 

P1060487.JPG

 

エアコンのカバーを外すとガリガリになるんです。

外からですと見えませんが、カバーを外すと汚れがすごく目立ちます。

普段カバーを外さないので、汚れを見るとエアコンを動かすのが怖くなりますね(>_<)

 

 

 

 

 

 

P1060158.JPG

 

カバーを外したエアコンを洗浄する前に、

きちんと養生します。

この養生ができていないと壁や床が洗浄液でビチャビチャになってしまいます。

 

洗浄液はすごく強力な液で、例えば床などに付くと色が落ちたり、痛みます。

その為、養生には気をつけています。

 

 

 

P1060495.JPG

 

養生が終わると次は、エアコンにビニールのカバーをします。

このカバーには手を入れる穴があり、洗浄が出来る様になっています。

洗浄液の飛び散りを防ぐほかに汚れを落とした洗浄液を溜める事が出来ます。

 

 

 

 

 

 

P1060496.JPG

 

左の写真は洗浄中です。

洗浄をするための専用の機械があり

その機械から高圧の洗浄液を出す事により汚れを落とします。

汚れを落とした後は、真水で何度も洗浄した個所をすすぎます。

洗浄液が残っているとエアコンのフィンが溶ける事もある為、

このすすぎは洗浄した時間よりも時間をかけています。

 

 

 

P1060504.JPG 

洗浄によって落ちた汚れです。

少し写真がボヤけていますが 真っ黒でした。

やはり、何年も洗浄をしていないと真っ黒な汚れになります。

これが臭いであったり冷えの原因になります。

 

 

 

 

 

エアコンを使用していなくとも、『ほこり』や『カビ』他には『タバコの煙』などで汚れてきます。

エアコンを本格的に使用される前には、ぜひ洗浄をしていただく事をお勧めします。

省エネにもつながりますしね((o(^∇^)o))

 

プロのエアコンクリーニングをご希望の方はコチラまで↓

http://www.hishida-web.jp/inquiry/

本格的なエアコンシーズンになる前にクリーニングがお勧めです(^^)v

 

 

イベントに向けて頑張るぞ!!

 

こんばんわ<m(__)m> アラシマンです!! 

今月5月28日(土)、29日(日)に、明石商工会議所 7F大ホールにて、

≪太陽光発電システム≫≪リフォーム≫

の自店イベントをすることになりたくさんの準備をしています。

 

工事の合間を見つけチラシを作ったり、配ったりしています。

P1060484.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

太陽光もすごく興味を持っている方が増えていますが、

太陽光について詳しい内容を知っている方は少ないと思います。

 

今、大注目を浴びているのも、

売電価格が高くなっている!補助金が出る!など沢山の理由があります。

 

きちんとした情報を今回のイベントでご提供できればと考えています。

 

先輩方に比べると僕は、まだまだ未熟ですけども、少しでも太陽光の事を知っていただくため、

イベントまで後わずかですが、できる限りのことをしていきます。

 

ぜひ、ご来場いただけますよう、よろしくお願いします<(_ _)>

 詳しくは、コチラへ↓

 http://www.hishida-web.jp/news/2011/05/52829.html

 

太陽光発電イベント

こんにちは、ヒシダデンキの脇口貴行です。

 

今月の28日・29日に、明石商工会議所の7階大ホールにて、

太陽光発電、リフォーム大相談会を開催します。

 

この1カ月ほどは、このイベントの準備に追われています(;´▽`A``

会場手配や、チラシ作成、展示内容の調整などなど、

するべきことは、たくさんあるのですが、そんな中、

考えることがあります。

 

それは、『お客様は、どういった情報が一番ほしいのか』、ということです。

太陽光発電に対する興味を持たれている方は、非常に多いと思います。

とくに、震災以降は増えています。

 

興味を持たれている皆様に、ぜひ太陽光発電のことを知っていただきたい、という気持でも

準備をしています。

 

たとえば、

太陽光発電は本当に設置するとおトクなのか

補助金があるといったけど、どのくらいでるのか

価格はどのくらいするのか

どのくらい発電するのか

雨漏りはしないのか

屋根の上に載せるのに重たくはないのか

今設置すべきなのか

どんな工事をするのか

瓦の状態はどうなるのか

どこのメーカーが良いのか

などなど・・・

 

そんなお客様の知りたい情報を、できるだけたくさんお伝えできるイベントにしたいという

気持ちで、準備をしています。

 

太陽光発電は、屋根の大きさや形状、電気のご使用状況などにより、

今すぐ設置した方がよいご家庭と、今は設置しない方がよいご家庭、

設置してもメリットとしては出てこないこ家庭があります。

 

地元、神戸市・明石市に根付いて、47年めを迎える、ヒシダデンキでは、

お客様の立場に立ったご提案をしていきたいと常々思っています。

ぜひ、このブログをご覧になった方は、5月28日もしくは29日に

明石商工会議所7階大ホールまでお越しください。

きっと、たくさんの情報を集めることができると思います。

 

多くの方のご来場を心より、お待ち申しあげております。

 

 

 

 

【明石市】SANYO5.16KW太陽光発電工事

今回は、明石市の太陽光発電現場の様子です。

太陽光発電は、瓦の種類によっては、設置できないケースもあります。

ぜひ設置したい、と考えていただきながらも、屋根瓦が対応していないということで、

設置できないというケースもありました。

 

今回の現場も、ちょっと困難な瓦の状況でありました。

平板瓦だったので、基本的には設置できるのですが、一つ一つの瓦を外して、

元に戻すということで、非常に技術がいるため、瓦になれていない工事業者で

あれば恐らく敬遠していたかもしれなかったです。

 

当店は、明治元年創業の老舗の屋根屋さんと提携しており、

太陽光発電工事の際に、非常に助けていただいています。

今回も、その屋根屋さんの技術があったからこそ、

何の問題もなく設置することができました。

 

P1060368.JPG  P1060360.JPG

   まるで山に向かう登山家!?       ちょっとしたロッククライミング!?

 

今回の現場は、瓦の工事が困難だったばかりか、屋根勾配がきつくて、

足場を組んでの工事となりました。

写真を見ると、その勾配のきつさが伝わりますよね (ノ゚ρ゚)ノ ォォォ・・ォ・・ォ・・・・

 

P1060362.JPG  P1060371.JPG

   墨だしするのも一苦労・・・         さて、ここから瓦を外します

 

 

P1060372.JPG   P1060376.JPG

    横一列の瓦を外します            金具を固定していきます  

P1060387.JPG   P1060393.JPG   

    更に上段の瓦も外し            金具の固定を続けてます

 

では、取り外した瓦はどうなっているかというと、加工するため、地上に運んでます。

( 」´0`)」オォーイ! 『加工中の店長さん!』 ( 」´0`)」オォーイ!

 

 

P1060382.JPG   P1060379.JPG

   おうっ!準備中ですわ            外して下ろしてきた瓦です

 

DSC_0142.JPG   P1060380.JPG

    慎重に作業しております         アンカーを通す穴をあけます

 

こうして、外した瓦にアンカー金具を通す穴をあけていきます。

力が入りすぎたりすると、瓦が割れてしまうので、慎重に作業をしていました。

 

DSC_0158.JPG   DSC_0141.JPG

万が一、割ったとき用の予備瓦です    しかし、店長は完ぺきにこなしました

 

そして、この穴をあけた瓦を屋根の上にあげ、順番にはめ込んでいくと・・・

P1060402.JPGのサムネール画像   P1060396.JPG

   こんな具合に収まりました         十分に防水処理をしています

 

 

P1060408.JPG   P1060410.JPG

     順番に上げていって             はめこんでいきます

 

P1060404.JPG   P1060417.JPG

     次に架台を設置し             パネルを運んでいきます

 

P1060421.JPG   P1060426.JPG

    徐々に設置が進み             完成しましたヽ(^◇^*)/ ワーイ

 

しかし、今回は、東西2面の設置でしたので、この作業を2回するということになります。

さすがに、朝8:00から工事準備を始めたのですが、屋根の工事が終了した頃には、

すっかり夕方になっていました。

 

P1060430.JPG   DSC_0163.JPG     

   夕焼け空になっています          足場の解体は翌日の朝に

 

電気工事の大半は、結局二日目に行うことになりました。

それでも、2日間の行程で作業が完了したのですから、工事スタッフもがんばった

と思います。

 

太陽光発電は、工事がともなって、システムが完成するものです。

そのため、工事スキルが必要であるとともに、慎重に行う必要もあります。

 

ただ、当店は、工事に対して慎重に行うだけでなく、

万が一のことがあった場合のために、保険にも加入しています。

これは、将来的に太陽光発電工事が原因で、たとえば雨漏りがするようになった、

といった場合に、保険で修繕ができるものです。

ただ、そうならないように、きっちりとした施工をしてますので、保険を使わないで

済むにこしたことはないですが、お客様に安心していただくように、との気持ちで

保険に加入もしております。

 

 

そんなヒシダデンキの太陽光発電にご興味のある方は、

お気軽にお問い合わせくださいね♪

http://www.hishida-web.jp/inquiry/

ご質問がある方も、遠慮なくどうぞ(^^)   

 

     

 

前の5件 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15

このページの先頭へ